〒266-0005
千葉県千葉市緑区誉田町2-24

043-291-7008

歯科情報・ブログ

千葉市 緑区 誉田町 歯科 審美歯科|谷中歯科医院 JR外房線誉田駅北口徒歩3分

    
HOME»  ブログ

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

歯磨きでインフルエンザ予防

寒い日が続き、インフルエンザが猛威を振るっています。
千葉県内でも昨季より2週間早く注意報レベルに達し、今後も流行は加速するものと思われます。

インフルエンザの感染経路
1、飛沫感染・・・感染者の咳やくしゃみが他の人の口や鼻に入り込み感染します。
2、接触感染・・・感染者の飛沫が付着したドアノブ、スイッチなどに触れ、ウイルスの付いた手で知らず知らずのうちに鼻、 口を触ってしまい体内にウイルスが侵入し感染します。

そんなインフルエンザには感染と発症という2つのプロセスがあります。
インフルエンザワクチンの予防接種は感染を防ぐ働きはありませんが、発症、重症化を防ぐことは証明されています。
感染予防にはみなさんご存知の通り、マスク、うがい、手洗いがあります。
そして、これに加え近年、歯磨き・口腔ケアで口腔内衛生状態を清潔に保つことが、
インフルエンザ予防に繋がることが分かってきました。

インフルエンザウイルスは主に喉の粘膜に付着し細胞に侵入する。
この際、粘膜の表面は通常タンパク質で覆われていて、
それがバリアーとなってウイルスが付きにくくなっています。
 
しかし、このバリアーを壊してしまうものが存在します。
口腔内細菌の作り出すプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素です。

お口の中に細菌が多ければ多いほどこの酵素が増え、
バリアーが壊されて細胞の中にウイルスが侵入しやすくなってしまうということです。

まだ世の中の常識とまでは浸透していませんが、
お口の中をキレイにしインフルエンザ予防をする取り組みは、介護施設、病院、学校で徐々に広まってきています。
そして、その結果インフルエンザの発症数が減少したという報告もあります。

インフルエンザだけに限らず、風邪でも同じことが言えます。
1年通して元気に過ごせるように歯磨きで予防しましょう!




 

2017-01-21 07:29:45

コメント(0)

web作成

ホームページを作成していると時間があっという間に時間が経過してしまいます。

ホームページは谷中歯科医院のこと、医院の考え方をみなさんに伝えられ、知ってもらう貴重な場所です。

これからどんどん充実した内容にしていこうと思います。


 

2017-01-19 00:55:47

コメント(0)

平成29年元日

あけましておめでとうございます。

暖かいお正月を迎え、新たな年が始まりました。

本年も宜しくお願い申し上げます。

今年の診療日は1月4日からとなります。

 

2017-01-01 18:01:42

コメント(0)

bio-emulation seminar

昨日に続きセミナーを受講してきました。
平日開催ということもあり、休診となりましたことをお詫び申し上げます。

今日は「bio-emulationセミナー」というもので、
日本を含む11カ国のメンバーからなるグローバルなグループ
"bio-emulation"の先生たちのlecture、demonstrationでした。

(以下、GCホームページからの引用)
バイオエミュレーションとは、組織・解剖学的アプローチで生体を模倣することを
目指す一方法(メソッド)を示すものである。
天然歯における解剖学的形態と光学的特性の再創造に基づくバイオミメティックアプローチとも言える
このコンセプトは、臨床診療に取り入れる価値のあるものである。
Bio-Emulationグループは2011年Dr. Panos Bazos、Dr. Javier Tapia Guadix
そして Dr. Gianfranco Politano、3人のファウンディングメンバーにより発足した。
以来世界各国のデンティスト、テクニシャン、リサーチャーと厳選されたメンバーを増やし、
Dr. Edward Mclaren、Dr. Pascal Magneなどをメンターに迎え現在まで発展してきている。




今回はファウンダーのDr. Javier Tapia Guadix (スペイン)
Dr. Gianfranco Politano(イタリア)の2人に日本のメンバー
青島徹児先生、二宮佑介先生、計4人の
世界レベルの講演がきける貴重な機会でした。




 天然の歯には前歯、小臼歯、大臼歯とそれぞれ複雑な形態があります。
そしてその構造ひとつひとつに意味があります。
虫歯、破折、形態異常何らかの理由で治療が必要な際、
天然歯の形態、構造を模倣して修復することで見ため、機能ともに回復するのです。
そのためには「観察力」、それを「具現化するテクニック」が必要です。
一に訓練、二に訓練であることは間違いないでしょう。
しかし訓練で作り上げたものだけではなく、個人的には芸術性も必要だと思います。
とは言え、歯科医師は芸術家ではありません。

そこにはエビデンスに基づいた理論、基礎があります。
「dentistry is science & art」
これをテーマに日々追求していこうと思います。

 

2016-11-14 22:20:00

コメント(0)

第4回国際歯科シンポジウム

副院長の鈴木豪です。
今日は東京国際フォーラムにて行われた、第4回国際歯科シンポジウムに参加してきました。

いくつもの会場で行われるセッションのなかで、午前は総義歯治療(総入れ歯)、午後は歯周外科治療(歯周病治療の外科的処置)についての講演を拝聴し、新たな発見もあり、充実した時間を過ごせました。

演者の1人でもあります、松丸先生との写真。
これからの日本の総義歯界を担う、スペシャリストです。学生時代からの先輩であり、身近に偉大な方がいると、刺激をたくさん受けます。


2016-11-13 22:20:00

コメント(0)

日本アンチエイジング歯科学会第11回福岡学術大会に参加

副院長の鈴木豪です。
5月21日、22日と福岡で行われた「日本アンチエイジング歯科学会」に参加して来ました。

今日本は超高齢社会を迎え、平均寿命は伸びていく一方、
健康寿命は変わらずこの差が問題になりつつあります。

アンチエイジング医学は抗加齢医学と訳されるが、
健康長寿を目指すための医学であり、究極の予防医学なのです。
老化を促進させる因子はいくつかありますが、
その中の重要なファクターに「口腔機能の低下」が挙げられます。
歯科的スタンスから「容姿管理」「生活管理」「寿命管理」にアプローチすることを目標にしている学会です。

加齢に逆らうことは不可能です。
しかし、「ウェルエイジング」すなわち「良い年齢の刻み方」を目指すことは可能です。
素敵なエイジングを歯科医療の立場からサポートしていけたらと思っております。

 





 

2016-05-22 21:52:00

コメント(0)

「日本の歯科の力」に参加してきました

副院長の鈴木豪です。
5月14日、15日と永田町で行われた「日本の歯科の力」という講演会に参加して来ました。
この講演会の参加資格は35歳以下の若手歯科医師のみという珍しいものでした。
若手のみの参加、また1000名弱の参加者のうち、3割ほどが現役歯科学生ということもあり、
今後の歯科医師人生について考えさせられる内容もあった。
演者は国内外で活躍される先生ばかりで、やはりそんな先生方の言葉には重みがありました。
歯科医師の役割、患者のためにどうあるべきか、そして夢の実現のためにどうするべきか、などメッセージ性が高いものもあり、
講演内容そして会場にいる同世代の歯科医師の真剣な姿に刺激をうける良い機会となった。


2016-05-15 23:53:00

コメント(0)

UP!2016 EXTREME MEETING TOKYOに参加してきました

副院長の鈴木です。
今日は気温が20度前半まで上がりましたが、雨が降り風も強く外出するには大変な天候でしたね。

わたしは恵比寿で行われた、
「UP!2016 extreme meeting Tokyo~歯科臨床の最先端を学び 触れる1日」という講演会に行ってまいりました。
 
まさに日本の歯科医療の最先端をいき第一線で活躍される、著名な臨床家5名の貴重なお話を興味深く拝聴いたしました。
 
今日得たことをヒントにまた明日から皆様に還元できればと思います。
 
医療技術の進歩は日進月歩です。

技術に関してはより良い治療法、そして多くの選択肢を提供できるよう心がけながら、人と人との関わりを第一に考えていきたいと思います。
 

2016-02-14 23:41:26

コメント(0)

治療が終わったところが予防のスタートライン

こんにちは、副院長の鈴木です。
今日は定期検診・メインテナンスについてお話します。

近年では予防という概念が定着し、歯科の分野でも定期検診を受ける方が増えてきています。
しかし、欧米諸国と比較すると日本の定期検診受診率は圧倒的に低いというのが現実です。
予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上です。
また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。
これに対し、日本の受診率は10%未満なのです。
そしてその数値と比例するように80歳の時点での歯の残存数にも大きな差が存在します。

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本です。
それに対し、スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本です。
もちろん、定期検診受診率だけの問題ではないですが、要因の一つであることは間違いないでしょう。




歯を失う最大の原因は歯周病ですが、この歯周病は生活習慣病のひとつです。
良くなったと思い油断をしてしまい、ブラッシングが疎かになると再び歯周病になってしまいます。
歯周病の治療、予防で一番大切なことは歯科医院での治療ではなく、毎日行うご自身でのブラッシングです。
しかしながら、歯の位置、並びによっては丁寧に磨いても行き届かないところが出てきます。
そうしたところに時間をかけて歯石が付着し、歯石に含まれる細菌によって歯周病が引き起こされるのです。

そのようにご自身では難しいところを私たちがお手伝いをします。
定期的に歯科医院でメインテナンスを行えば、磨き残しのチェックや、歯ブラシの届かない歯周ポケットの中から細菌を除去することができます。問題が起こってから歯科医院を受診するのではなく、問題が起こらないように歯科医院を利用しましょう。



また定期的にチェックすることにより、その他のお口のトラブルが発生した際も早期発見・早期治療ができ、
より簡単な治療で解決することもあります。

生涯、ご自分の歯で過ごすために予防という考えを是非お持ちください。
予防というステージの主人公はあなたです!私たちはそのサポート役としてお手伝い致します。


2016-01-10 22:49:27

コメント(0)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年も歯科医療を通じ、地域の皆様の健康維持・増進に寄与できるよう診療に取り組んで参ります。

2016-01-06 22:12:28

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2